ファッションの流行が分からなくて困っている方へ

ファッションレンタルで日常を素敵に

最近よく聞くシェアリングエコノミー

シェアリングエコノミーという言葉を最近よく聞くようになりましたね。
使われていないサービスや物、場所などを多くの人と共有、交換して利用する社会的な仕組みのことですが、もう少し簡単に言うと、車のカーシェアリングとか、貸会議室、個人の所有する家や部屋を他の人に貸し出す民泊などがその例にあたります。
個人の持ち物でも、24時間365日使用する事は少なく、使わない空いている時間帯に他の人に使ってもらう事で無駄をなくすという主旨です。
インターネットを介して貸したい人と借りたい人をマッチングさせるサービスが注目されています。

ここ数年で、ファッションにもその流れが到来し、ファッションシェアリングと呼ばれるようになっています。
一般的な言葉では、レンタルファッションと呼ばれています。

ファッションレンタルって知ってますか?

毎月、決まった金額を支払うだけで、数万点の洋服やアクセサリーやバックから好きなものを選んでレンタルできるサービスです。
会社によって利用方法は少し違いますが、各社ともインターネットから申し込みが可能です。
専用のアプリをダウンロードしたり、インターネットのホームページから登録するだけで、店舗に行かなくても服がレンタルできるようになります。

選んだ服は宅配便で送られてきます。
そして、着終わった服はクリーニングしないで専用の箱や入れ物に入れて宅配便で返送すれば良いのです。

このようなサービスを提供している会社は、SUSTINA、EDIST、airCloset、Rcawaii、メチャカリ他、複数社あります。



ページ
先頭へ